文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
Img_d21e7ba0f8dc758a55b49d93441e8083
色褪せた壁
破れた張り紙や落書き
乱雑に積まれた本や漫画
部屋のなかには くたびれた布団が散乱していて
あちこちに洗濯物がぶら下がっている
湿り気を帯びた空気 食べ物の匂い
歴代の学生たちの息遣いまでもが直に伝わってくるような
雑然とした空間

その映像を見ているだけで
冒頭から泣きそうになった

築105年
京都大学の吉田寮をモデルとした
日本最古の学生自治寮の存続をめぐる物語

「好きな恰好をし好きな時に好きなものを食べ
好きなときに好きな場所で眠る〝変人たち″の巣窟」
廃寮に関しても
熱っぽい人 少し距離を置いてみている人
諦めかけている人 そもそも関心のない人
みんなが同じ方向を向いているわけではない
けれど全会一致で決められたルールに基づいて
彼らはそこで暮らしている
一つの鍋を囲んで談笑し
食べかけのラーメンを分かち合う
ひとりひとりに声があり居場所があるのだ

学生の頃に入り浸っていたオンボロ自治寮の風景が蘇る
あのとき見ていた景色 流れていた時間
今はその寮もこの世には存在しない

そして
あの日を境に立ち現れたいくつもの壁を想った
気づかなかっただけで
多分ずっとそこにあったのだけれど
 
涙ながらの嘆願 怒りの声
内部分裂 
迷いや葛藤
壁の向こうに立っている人にも
背負っているものがあり
守りたいものがあるはずで

白黒では割り切れないグレーのグラデーション
未分化なものが細分化され
新たな壁が生まれる

いったい何と闘っているのか
見えない巨大な力 時代の流れ
どうやったら抗えるのか

たった1時間の物語
劇的な展開があるわけでもなく
分かりやすい答えが用意されているわけでもない

書籍の壁が崩れて和敬清寂の軸が立ち現れるシーンからの茶席
そしてラストのセッション

―それでもこれはラブストーリーだ
冒頭のことばがじわじわと
エールのように
決意のように
祈りのように響いてくる

多数決では守れないもの
誰かにとっては取るに足らない何かかもしれないけれど
うまく言葉にできない大切なもの
そんなたくさんの小さなラブストーリーたちで
この世界は成り立っているのかもしれない

そして私はこれからも
そんな世界に恋をしながら生きていきたい

渡辺あやさんの素晴らしい脚本
繊細な演出
瑞々しい演技と映像
圧巻の美術
物語を照らし出す月明かりのような
波のような音楽
何から何までほんとうに素敵だった

この時代を共に生きる人たちと
無性に語り合いたくなるドラマ
NHK総合では17日の14時から放送
また観てしまう気がする

公式サイト: (Click!) 

Img_39812784caa5d9a2a2e2453befa77392
幼い頃に口ずさんでいた童謡「虫の声」の2番
きりきりきりきり こおろぎや(きりぎりす)
がちゃがちゃがちゃがちゃ くつわむし♬
 
カナカナと入れ替わりに始まる秋の虫たちの大合唱
毎年一際大きな音でギシギシガシャガシャ鳴いているから
勝手にギシギシ虫と名付けていたんだけど・・
そっか、君だったのか。
昨日、窓辺で羽を震わせてご本人?が教えてくれた。
草むらのなかからのそのそと移動して、
居間の網戸にたどり着くまでを想像するだけで、ちょっとにんまりしてしまう。
こんな形で知ることができてうれしい。
しかし庭には沢山のお仲間がいそうだけど、絶滅危惧種なんだな・・
  
6cmほどあり、キリギリス科では最大の大きさ
身体の割にかなり小顔で目がつぶら
バッタのように飛んだりもせず、動作はゆっくり
ちょっかいを出しても逃げる気配はなく、6本足の真ん中の足を口に入れ、
網戸の虫を食べているのか、しきりにもぐもぐしていた。
かなりのんびり屋さんみたい。
調べてみると、「がちゃがちゃ」という鳴き声が
馬につける轡(くつわ)の音に似ていたことから「クツワムシ」と名付けられたとある。
 
後半がうろ覚えだったので、改めて「虫の声」をYoutubeで聴いてみた。
 (Click!) 
歌に出てくる虫たちの鳴き声を掲載しているサイトもある。
 (Click!) 

あちこちのサイトを開いて同時に再生していたら、
子どもたちの歌声に虫たちの音が合わさって、部屋の中もすっかり秋。
まだまだ残暑は厳しいけれど、大好きな季節が待ち遠しい。
Img_f7a79762a74de7565dd7e1b3a1876214
益子陶器市、3日目の朝。
新緑を深呼吸しながら庭散歩。
連日、青空のもとでたくさんのお客さんや仲間たちとの会話を楽しんでいます。
感謝。
Img_eef7ae445e3065327771d629658183d9
Img_8b6761cabb5175d8ad1f7254e513fe35
Img_c70757a6cb3a15d50aea06b29ab7ab2b
益子陶器市に向けての設営第一弾は、気合いが入りすぎた友のパンツが決壊し大爆笑。
わざと見えるようにポーズ取ってるし‥!相変わらず豪快すぎじゃー。

というわけで、愉快な仲間たちと共に28日から6日まで、じゃりん小径、右奥のテント(奥から3番目)でお待ちしてます。じゃりん小径の場所は、こちらの地図でもご覧いただけます。
観光協会の地図→ (Click!) 
手びねりのカップや小鉢、中鉢、ろくろの普段使いの器たちを揃えてお待ちしています。
もしかしたら平日は、家族や友達のお手伝いで、半日出勤の社長待遇かも!?なので、またコメント欄でお知らせします。
最終日は午後3時過ぎには、あちこちで片付けが始まるので、お早めにお越し頂くのがお勧めです!

道中お気をつけて。
皆さんとお会いできることを楽しみにしていま~す!
Img_1ddc9d51d7de9e38dc4a1cb9de5bc797
土 水 風 火

窯に火を入れるたびに
身体の芯にポッと
小さな炎が灯り
窯の火を落とすたびに
森が一層 しんと静まり
夜空の青の密度が
身体の隅々に 染み渡る

高温のときの炎は
真っ白な月のよう

初めて薪窯を焚いたとき
窯のなかの炎が
まるで生き物のように蠢く姿に
お酒とお塩をお供えし
手を合わせる意味が
なんとなくだけど
分かったような気がした

神聖で妖しく美しい
摩訶不思議な営み
元素と戯れる
焼きものというお仕事
あの日から8401日と
新聞が伝えていた。

【阪神・淡路大震災から23年】
阪神・淡路大震災の発生から間もなく23年。
神戸新聞NEXTの特集ページでは、さまざまな角度から大震災を振り返っています。
HP: (Click!) 

きっと数えることなんてできない
それぞれの時間

想像すら及ばない気がしている

時の流れは平等ではないんだろうなと
ぼんやり想いながら迎えた朝

ゆっくり読みたいと思います。

午後、宮城で一緒にボランティアをしていた
神戸の「お父ちゃん」とメール。
穏やかな文面にホッとする。
「遊びにきたら おいしいものをご馳走するよ」

神戸では当時、病院に勤めていて
2011年は車中泊で、神戸と東北を何度も行き来していた。
茨城で地震があるたびに 何かあったら飛んでいくと
必ず連絡をくれる私のスーパーマン。
今年こそは会いに行きたいな
一緒においしいものを食べよう


Img_5863baf0d56bb43ebe37fbaebfe24c80
Img_6103d5a138940a6872267fc7cfdd2a2f
年の瀬と年明けには、久しぶりに逢いたかった人と逢えました。
一緒においしいものを食べて 顔を見合わせては笑って
しみじみいい時間でした。

学生時代の友人が金継ぎを始め
修行時代に作ったお気に入りのお茶碗をつないでくれました。
傷ついたものたち
バラバラの断片から生まれる新しい景色
こんな知恵を少しずつ育んでいけたらいいな

皆さんにとって心温まる一年になりますように。本年度もどうぞよろしくお願いします。
Img_4759386dd9a69efd022a163e1f584fbe
Img_508e9d36201c6e08710a6ad5f64b9ca8
六本木仕事が終わり、9日ぶりに我が家へ帰宅。茨城に戻ったら、道がめっちゃ暗い。都内はすっかりクリスマスモードだったもんな。
スタッフのみんなに連日おいしいランチやコーヒーをご馳走になり、積もる話にお腹も心も満たされる。初めて訪れたスウェーデン料理のお店。ヨーロッパの民家で家庭料理を味わっているかのような居心地の良い空間だった。

最初にお世話になったのは、独立直後、なけなしの貯金をはたいて細工場を建てた直後。それから「都内に出るタイミングでお願いできますか~?」と直接声をかけていただくようになり、今年で8年目ぐらいになるのかな。このご縁については、過去のブログに書いておりました。→ (Click!) 
当初は革靴ぐらいは履いていたけど、すぐに挫折。今は普段と変わらない出で立ちで通勤。いつもと違う自分を演出したほうが面白そうではあるが、予算が‥ない!

しかし、限られた時間のなかで、複数の仕事に対応していく皆の機転の良さや集中力には毎回感心するなあ。数字を見ただけで心拍数が上がる自分には真似できそうにない。
海外経験の豊富で、休みの度にあちこち旅をしていたり。普段は多忙だけど発想は柔軟で、パッと開いている感じが素敵だ。

そして、仕事も暮らしも服装も・・お互いかけ離れているからこそ生まれる信頼関係のようなものを感じる。この距離感、心地いい。

暖かくなったら、お洒落着のまま、茨城で土だらけになってもらおうと思う。友達のカフェや農園にも連れていきたいな。
しかし帰宅してすぐに初雪とは!
きれいだなあと思いつつ、家が寒すぎて、既に春が待ち遠しい・・
Img_3b0b45c73635868552aeccff815bb1ab
Img_c9645162805d0acb1ee5e18f96869f75
今週は、有機農業が盛んな埼玉県小川町へ。
2日間にわたり、6軒の農家さんを訪ね、
それぞれの取り組みについてお話を伺った。
  
循環する自然界の営みへの驚き。畏敬の念。
ただただ、好き。という気持ち。
「有機」にもいろんな形があり、畑の景観も違う。
育てている品種、土づくりや栽培方法、
使っている機械などの技術的な選択も含めて、
すべてが、その方の生き方なんだなあと・・とつくづく思う。

農家さんから農家さんへ。
車窓から広がる景色。
ひとりひとりの営みが文字通り里山の風景をつくっていることが
手に取るように伝わってくる。
 
私の地元でも、そう。
だから、近所で車を走らせているとき
田んぼのあぜ道にちょこんを座って、
おしゃべりをしているおばあちゃんたちを見かけるだけで
ちょっと涙ぐんでしまうのだ。

食べものを作り、作ったものを食べ、食べたもので身体が作られ、
その身体で再び食べ物を作る。
これも農家さんにとっては当たり前の日常だろうけれど、
やっぱりすごいことだなあ・・と思う。
庭の片隅で小さな畑を始めてからも、採れた野菜を食べる度に、
これが自分の血となり肉となるということ自体が、
未だに不思議でたまらない。

先週、古くから続くお茶炭の産地、市貝町で、
炭焼きの職人さんに伺ったお話。
昔はクヌギの原木林が地域の中で循環していて、
山の麓に窯を作っては壊し、次の山に移っていたそうだ。
石油の時代への移行、国策として進められたスギやヒノキの植林、
震災・原発事故の影響。
放置林が増え、日陰が広がったことで、
畑や田んぼの不耕作地も増えるという悪循環。
それぞれの土地に根ざした広葉樹の林業の必要性。
  
「自然のものは新陳代謝と循環がすべて。
それが生きた森と里山の暮らしを支えている」
  
生き物の根源。
  
みんなぐるぐる回っているんだなあ
遺伝子も地球も
 
ダンスも
遊園地も
バッハも・・・
  
ガラガラ、コーヒーミル
博物館の展示物
なんとなくハンドルがついてるものって、
回してみたくなるしな・・
  
夜の高速道路。
ジャンクションの螺旋。
思考もとりとめなく、ぐるぐる。

それにしても魅力的な方ばかりだったなあ。
お土産の採りたて野菜。
おいしくいただいて、巡りめぐっていこう。
Img_47b80480d90909331197129013508b2b
Img_58ec4a953bdbc5851745a9bf315022c5
Img_fecca3d819975a5578df39019075e3c1
陶器市が終わり早くも1週間!これまでの長雨が嘘のような秋晴れ続きで連日大盛況。
新たな出逢いや、仲間や常連さんとの再会にたくさんの元気をもらいました。
うちではこんな風に使ってますよ、毎朝マグカップでコーヒー飲んでますよ~と声をかけて下さったり、嬉しかったなあ。
毎朝益子へ続く山道を走りながら、各地で目覚め、テントまで足を運んでくださるお客さんや友人の道のりを想像し、帰り道には、その日にご縁のあった方々の食卓を想像する。それぞれの営みが文字通り、私の毎日の食卓を作ってくれている。なんとも形容しがたい気持ちにさせられます。
ほんとうにほんとうにありがとう。

今回は、野村花火で一緒に働いていた友人たちも来てくれて、4日目には野村社長も初来益子。いくつかまとめてお求めいただいた。会計の際に「なんだ?ずいぶん安くしてくれてないか!?」と気遣われ、「いやいや~♫」などと太っ腹ぶりを発揮していたら、
なんと、未だに算数のできない私は思い切り計算を間違い、オイッ!おまけしすぎやんけ!!!
いつか露頭に迷ったら、社長の世話になろう・・。笑

年内はゆっくり制作しつつ、ライターの仕事も再開です。来春、また元気にお会いできますように。