文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
27日の衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響について」で、参考人として招致された児玉龍彦教授。
彼の陳述は、ネット上ではかなり大きな反響を呼んだけれど、ほとんど報道されることはなかった。
Youtubeの映像もすぐに消されてしまった。
そんな中、映像を自宅サーバーでアップしてくれた方が。
陳述の内容を文字に起してくれた方もいて、本当に有難い。こういう情報は共有しなくては。

今までと同じ手法に騙されないように、 意識的にならなければならない時代だとつくづく思う。
事故が、ネットで個人が情報を発信し収集する時代に起きたことは、不幸中の幸い。
これがなかったらどうなっていたんだろうと想像すると、恐ろしい。
教授は、怒りの余りに声を震わせているけれど、内容的にはとても冷静で、
有益な情報が沢山あった。参考にどうぞ。

映像: (Click!) ←これ後日アクセス不能になったようなので、
衆議院テレビでどうぞ。: (Click!) (恐らくYoutubeにもアップされ続けるはず。)
陳述内容: (Click!) 

また、姉が自然農法を学んでいた川俣町の自然農園、やまなみ農園の佐藤幸子さんが、
原発事故後、福島に住む人々が体験してきたことについて大阪で講演。
2度位しかお会いしたことはないけれど、発見した時はびっくりした。
事故後から、子ども達を放射能から守る福島ネットワークの中心メンバーとして、
行政との交渉に奔走されている。

佐藤幸子さん講演会: (Click!) 
子ども達を放射能から守る福島ネットワーク: (Click!) 

今日まで、市民が直面した現実、取り組んできたこと、行政とのやりとり、対策、
そして避難していない人、避難している人達の現状などをとても分かりやすく、
具体的に話してくれている。全国各地の人達に見て貰いたいと思った。
これは、原発に囲まれて生活している私達の現実でもあるということ。
その意識を持つか持たないかで、今後が変わる。
見た後、暗い気持ちになるというより、こんな中でも立ちあがって行動して、ユーモアも忘れない人がいる・・
そのことにすごく励まされている自分がいた。

人ってほんと、素晴らしい!

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする