文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
Img_0e383a8d8d8257875c95490d276b3aa1
Img_5076c88a36a479aa2c954b40aac97084
様々な価値観や人間模様を描く良質なドキュメンタリー映画を上映するイベントとして発足した「ドキュメンタリー映画会310」。
今回は、3.11から4年を機に、震災にまつわる映画を中心に、本会上映作品と関連上映作品、合わせて8本をお届けします。多様な映像作家が切り取った「あの日とその後」が映し出す現実や、投げかける問いをみなさんと一緒に共有できれば幸いです。是非お誘いあわせのうえ、お越しください!!!

【映画会310上映作品】

2月28日(土)
『こどもこそミライ―まだ見ぬ保育の世界―』監督:筒井勝彦
公式サイト: (Click!)  (2013年/84分)
横浜の「りんごの木」、山梨の「森のようちえんピッコロ」、大阪の「保育所聖愛園」の実践に映し出される新たな保育の世界とは。すべてのおとなに贈る、笑いあり涙ありの子どもドキュメンタリー。

『A2-B-C』監督:イアン・トーマス・アッシュ
公式サイト: (Click!)  (2013年/71分)
いま、子どもたちに何が起きているのか?東京在住のアメリカ人監督、イアン・アッシュが、原発事故の11日後から福島に赴き撮影を開始。現地の母親と子どもたちを中心に取材し、甲状腺検査の実態などを追った渾身作。

<会場>
茨城県水戸生涯学習センター大講座室 各回150名
住所:〒310-0011 水戸市三の丸1-5-38 3F
Tel:029-228-1313

<上映スケジュール>
① こども 10:30~12:00(託児あり)
② A2-B-C 13:30~14:45(託児あり)
③ こども 15:00~16:30(託児あり)
④ A2-B-C 17:30~18:45
⑤ こども 19:00~20:30

3月13日(金)
『先祖になる』監督:池谷薫
公式サイト: (Click!) (2012年/118分)
その人は森で木を刈り、自分の家を建て直した。
主人公は、岩手県陸前高田市で農林業を営む77歳の「ガンコ親父」佐藤直志。大津波で家を壊され、消防団員の長男は波にのまれ、生きがいを失った彼が選んだ道とは?土地に根ざし、土地に生きる人々の行く末をおもう彼の強さと優しさは、少しずつ周囲を動かし、生きることの本質を問いかけていく。

『ASAHIZA 人間はどこへ行く』監督:藤井光
公式サイト: (Click!)  (2013年/74分)
福島県南相馬市の古い映画館「朝日座」をめぐる人々の記憶を辿り、その映像が舞台となった朝日座で上映されるまでを描いたドキュメンタリー。「非日常であろうと日常を生きる「普通の人々を描かねばならない」。現地の市民と共に撮影に取り組んだ監督のアフタートークも。

<会場>
県民文化センター 小ホール 各回450名
住所:〒310-0851 水戸市千波町697
Tel:029-241-1166

<上映スケジュール>
① 先祖になる 10:00~12:00
② ASAHIZA  13:00~15:00(監督トーク)
③ 先祖になる 15:30~17:30
④ ASAHIZA  19:00~21:00(監督トーク)

<4作品の料金>
前売り 共通回数券(4枚綴)¥3000 
1作品 前売り:一般 ¥1000 学生 ¥500 当日:一般 ¥1500 学生 ¥800
※ 共通回数券は、お一人様で4作品、ご家族でそれぞれ1作品ずつ等、ご自由にお使い頂けます。

★プレイガイド
京成百貨店、茨城県民文化センター、ひたちなか文化会館、茨城大学生協、まちなか情報交流センター

<お問い合わせ先>
「ドキュメンタリー映画会310」実行委員会
小峯:090-4052-8070
寺門:090-3904-4806

【関連上映作品】

注※ 関連上映作品は別料金設定となっております。お問い合わせは、各イベントの担当者にお願いいたします。

3月8日(日)
『カンタ ! ティモール』監督:広田奈津子
公式サイト: (Click!)  (2010年/110分)
「そして、そこには歌があった」
ひとつの歌から始まった運命の旅。その歌に秘められた本当の意味とは?日本が深く関わりながら、ほとんど報道されることのなかった東ティモールの悲劇と、それを生き抜いた人々の姿を取り上げた国内初の長編作。

『スーパーローカルヒーロー』監督:田中トシノリ
公式サイト: (Click!) (2014年/91分)
広島県尾道市で風変りなCDショップ「れいこう堂」を営むおじさん「ノブエさん」。「動かなければ何も伝わらない」。店はほったらかしで西へ東へ。子ども達のため、音楽のため、目の前の大切なコトのために。彼の巻き起こす渦に、ミュージシャン、尾道市民、移住者らはどう反応し、動き始めたのか。

<会場>
MINERVA 各回50名
住所:〒310-0015 水戸市宮町2-3-38 Hotel水戸シルバーイン2F
Tel:029-226-8688

<上映スケジュール>
① カンタ! 13:00~15:00
② スーパー 15:30~17:10
③ カンタ! 17:40~19:40
④ スーパー 20:10~21:50

<料金>
1作品:¥1300(1ドリンク込み)
2作品:¥2000(1ドリンク込み)
事前予約:メールのみ mito_minerva@yahoo.co.jp

3月11日(水)
『東北ライブハウス大作戦ドキュメンタリームービー』 監督:木村真生、番場秀一
公式サイト: (Click!)  (2012年/93分)
音楽の力を信じる仲間たちとともに、津波被害を受けた宮古、大船渡、石巻の3地域にライブハウスを作るプロジェクト「東北ライブハウス大作戦」。不可能と思われていたこのプロジェクトが、人と人をつなぎ、小さな一歩が 大きな一歩として歩み出していく姿を追ったドキュメンタリー。上映後のトークもお楽しみに!

<会場>
水戸ライトハウス 定員50名
住所:〒310-0021 水戸市南町3-3-28
Tel:029-224-7622

<上映スケジュール>
開場:18:00
上映:18:30~20:10
トーク:20:20~20:40 ライトハウス稲葉氏ほか地元バンド

<料金>
投げ銭+1ドリンク¥500 ※鑑賞料の投げ銭は「東北ライブハウス大作戦」に寄付されます。
事前予約:メールのみ 310cinema@gmail.com

3月14日(土)
『フタバから遠く離れて第二部』無料上映会 監督:舩橋淳
公式サイト: (Click!) 
原発事故の影響で、埼玉県の旧騎西高校へ全町避難した双葉町の住民たちの避難生活を描いた前作に続く第二弾。その後の約3年間を丹念に追ったドキュメンタリー。舩橋監督と伊藤教授とのトークも必聴です。

会場:茨城大学 人文学部10番教室 先着280名
住所:〒310-0056 水戸市文京2-1-1
※駐車場に限りがありますので、公共の交通機関をご利用下さい。

<上映&監督トーク>
開場:12:30 上映:13:00~15:00
トーク:15:10~16:00 舩橋監督×伊藤哲司(茨城大学人文学部教授)ほか
料金:無料 
★事前予約はありません。当日会場にお越しください。