文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
きのうは小さな粉雪が舞い降りるなかひとりで一輪挿しを制作した。
気持ちが柔らかいままにすーっと深いところに凝縮されていくような静かな時間。
一輪挿しは小さくてまんまるい。
道端に咲いている花や草を摘んで入れるだけで、部屋の片隅がほんのり明るくなる。
だから自分でも気に入っている。
 
前日、車中でかけていた上原ひろみさんのアルバムの曲を思い出していた。
いつもは注意深く飛ばしている7曲目のFirefly。
ぼんやりしている隙に最初のかすかな音が流れてきてしまったのだ。
あ、と思ったけれど、気まぐれに音に身をゆだねた。
あの人との最期の日々に聴いていた曲
 
彼のかすかな息遣いと重なるように響く音。
病院と家を往復する時間
曲が終わりそうになると、CDデッキに手を伸ばして最初の音から繰り返しかけた。
途端に当時の身体とすっぽり入れ替わる。
その身体に心がついていかなくなりそうだから・・とずっと思っていたのに
 
雪のなかに立つ感覚は何かに似ている。
蛍や月の光を見上げるとき、一瞬にして連れていかれる場所に通じているのかもしれない。
息をしなくてもずっと生きていられるような
昨夜寝る前に目に留まって何気なく聴いた曲。こんなところにも通じていたのか

原田郁子(clammbon) & 青葉市子 & さや(テニスコーツ)
「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」
 (Click!)  
   
目もくらむほど 息もとまるほど 
ああ 自由だよ
あなたに出逢えて変わったの 
不思議なくらい いま自由だよ 
命が燃える音を聴いたの
 
部屋のなかで吐く息が白い。もう一曲聴いてから今日をおしまいにしようと思って曲を探す。
これも偶然なのかな。
さやさんの言葉のあと「月がどうのこうのとか言い出す人怖いし」。
2人のやりとりはいつも素敵だ
テニスコーツ「月の音」 (Click!) 
  
曲が終わって目を閉じたけど、身体のどこかかすかな場所がずっと起きていて、そのまま朝が来た。
ぽかぽか。
時折風が吹いて粉雪が舞う