文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
大好きな友人と久しぶりに再会。
時間を忘れて共に過ごした。
絶望しそうな時も怒りや悲しみに飲まれそうな時も、
最後は希望を語り合える、ふとしたことで笑い合える、そんな人。

素適な白い貝殻のイヤリングをプレゼントしてくれた。
月が空の高い高いところに浮かぶ時の、白に近いなと思っていたら、
別れ際に見上げた空に見事な満月が。

人も自然も美しい。
素適な夜に感謝。
昨夜は上野で大学時代の親友とデート。

食事の後、とある昭和な雰囲気のカフェへ。
テーブルも椅子も、壁や天井もレトロ感たっぷりで、
店内には控えめにクラシックが流れている。

学生時代に毎日のように足を運んでいたルオーという
古い木造りのカフェを思い出した。
店主が静かな女性で、いつもクラシックをかけていた。

窓辺に陣取って、何時間も本を読んだり、日記や詩を綴ったり。
伸び続ける髪や爪を何かに有効に使えないものか?と言ったことから、
人類はどこから来て、どこに行くんだろう?と言ったことまで、
とりとめのない想いを際限なくめぐらせた場所。

何故か、自分がここにいるのにここにいないような感覚が、
帰ってからもしばらく抜けなかった。
時間の軸がずれてしまったよう。
今思い出しても、昨夜のこととは思えない。
不思議な時間だった。

今日は優しい雨の日。
手を合わせたくなる。
なんだろう、今日の清々しさは。
太陽光線も全然違う。台風の後みたいな透明感。
風に乗れそうな気分。
明日からプロジェクト福島へ→ (Click!) 
飯坂温泉に一泊する予定。

今もこの国の在り方に希望を失いそうになったり、
色んな場面で遭遇する負のエネルギーにぐったりすることもある。
でも、この間あるライブに行って、救われた。

魂のこもった音。
人の優しさ、決意。
想像し、創造する力。

ああ、信じていいんだ。
こんなにも圧倒的な世界を生み出すことができるのが人間なんだ、
と思えたら泣けてきた。

2年ぶりの福島市。
愛しい土地に、沢山のごめんなさいとありがとう、
そして、祈りを捧げてきます。