文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
笠間市の震災瓦礫受け入れが始まった。
住民に対する説明会はエコフロンティアのある福田地区のみ。
要望をずっと出していたのに、
私の地区では広報誌にさらりと書かれただけ。
素朴な質問が山ほどある・・。

少数だと市は動いてくれないので、少しでも疑問のある方は、
是非問い合わせにご協力を。
県は、声が集まれば国に説明会実施を求めると言っています。

以下、今朝連続ツイートしたものを添付します。
長くてすみませんが、是非お読みください。

**********

 笠間市役所の環境保全課、金木さんから午前中にご連絡頂いた。とても丁寧な対応で、こちらの言葉にも耳を傾けてくれる。まず説明会を開催してほしい、という要望を出す。エコフロンティアがある福田地区で開催済みで、笠間全体では予定はないが、質問があれば受け付けたいとのこと。

 笠間市には原子力アドバイザーがいるので、質問には専門家に相談して答えたい。アドバイザーは、元日本原子力研究所の副所長、竹下功氏。常駐しているわけではないので、二度手間になってしまうが、出来れば文書で質問を送って欲しいと言われた。

 疑問・質問は、笠間本署の環境保全課に直接提出でもOK、笠間市のホームページでも受け付ける。1週間~10日ほどかかってしまうが、出来る限りきちんと答えたいとの返答。

● 市役所ホームページは: (Click!)  TEL:0296-77-1101 72-1111

 直接会って話すということも勿論可能だが、アドバイザーがいない時だと、役場の人間は専門家ではないので、すべての質問に答えられるとは言えない。とりあえず、まずは質問を送って、拉致があかないようなら直接出向くことにしよう。笠間市在住の方、是非ご協力を。

 笠間在住でない方にも、是非疑問・意見を出して欲しい。少数の力では動かないものも、多数の声が上がれば動きます。観光協会に電話FAXメールで意見を出して頂くのも、効果的だと思うので、是非とも拡散を。

●笠間観光協会: (Click!) 

●茨城県廃棄物対策課にも:0293-01-3015
 要望メール: (Click!) 

私が提出しようと思っている質問は以下。

(1)そもそもどのような経緯で瓦礫受け入れが決まったのか。宮城県議会は全会一致で県内で処理すること(燃やさないで、防潮堤を作る「鎮魂の森」づくり)を推進していたはず。

補足→南相馬市の市長は瓦礫を使って護岸工事を行いたい、南相馬の瓦礫では足りない、三陸から持ってきたいとの要望を出していたそうだが、国にも県にも却下されたそう。また、各地の首長から現地処理をすれば雇用が発生し、地元にお金が落ちるとの意見が出ている。(検索すればご本人の映像などが出てきます)

(2)放射能に関してはどのような基準を採用するのか?事故前の基準値(1Kg当たり100ベクレル)→事故後の基準値(1kgあたり8000ベクレル)を採用する根拠は?

(3)検査体制はどのようになっているのか?(確かサンプル検査のみで、ガンマ線だけ測定。アルファ線、ベータ線の測定はしてないため、プルトニウム、ストロンチウムなどは勿論測定されない)

(4)内部被曝の危険はないのか?ないとしたら、その根拠は?フィルターで放射性物質を除去できるとも言われているが、そのようなデータは見たことがないので、提示してほしい。

(5)細野大臣も言及していたアスベスト、クロム、ヒ素などの有害物質についてはどうか?

【瓦礫広域処理は本当に必要か?細野大臣に聞く】7月モーニングバード放送。
映像→ (Click!) 
文字起こし→ (Click!) 

これも聞いたら?といったアドバイスがあれば、皆さま是非とも助言をお願いします。
追加しますので。有難いことに、ツイートを読んでくれた@tratnouさんが、
色々情報を送ってくれたので、参考に添付します。

関連情報:フィルターって本当に放射能除去に有効?
 (Click!) 
 (Click!) 

瓦礫をゴミとして扱うのではなく、
津波から生命と財産を守るための防潮堤を作るための資源にしようという宮脇昭氏
(横浜国立大学名誉教授、地球環境戦略研究機関国際生態学センター長)の提案
Youtube映像→ (Click!) 
Img_b00e5b25fbcd189ab694ce1b68d497911c120731
先日のブルームーン。

満月が林の中から頭のてっぺんに移動するまで、
愛しき友と語り合った夜。

手作りリゾット、ルイボスティー、
新芽のような色をした葡萄。深夜のお散歩。

数年前に大事な命を失った彼女に訪れようとしている
新たな命との出逢い。
この月のように心を満たし、優しく照らしてくれますように。
ドキュメンタリー映画『森聞き』を観て帰宅。
揺さぶられた。静かで美しい映画。
こんなに涙が止まらなくなるなんて・・。
28日(金)にも益子の雨巻茶屋で上映されます。
多くの人たちに観て欲しい。
そして明日は『フクシマからの風』です。
詳しくは→  (Click!) 
先日笠間市の瓦礫受け入れに関する質問を送ったところ、
市から回答があったので、掲載します。

**********

(1)について

 がれきの受入れについては、東日本大震災後、甚大な被害を受けた東北2県の復興が、震災がれきの影響により、思うように進まないことを受け、内閣総理大臣及び環境大臣から茨城県に広域処理に対する要請がありました。その後、茨城県が宮城県の災害廃棄物について、最優先で広域処理を図る自治体と位置づけられました。
 笠間市では、現地踏査や茨城県主催の意見交換会等を経ながら、宮城県との調整を進め、8月30日のがれき受入れに至っております。 詳細は、別紙のがれき受入れまでの経過書をご覧下さい。

(2)について

 宮城県から茨城県へのがれき受入れ基準値は100 Bq/㎏です。
 この受入れ基準値については、茨城県が独自に定めたもので、笠間市もその基準に準拠し、受入れを行っております。この値の安全性については、笠間市の原子力アドバイザーの見解を次に記載します。

【笠間市原子力アドバイザーの見解】

「事故前の基準100 Bq/㎏」「事故後の基準8000Bq/㎏」と同じものを対象とした基準が二つあるかのように言われていますが、これは誤解です。
 100 Bq/㎏はクリアランスレベルと言われていますが、これは、原子炉の解体などで発生する廃棄物のうち、放射能汚染が極めて低く、一般の廃棄物と同様に廃棄あるいは、再利用しても差し支えのないレベルを定めたものです。
 従って、この基準は今回の災害にかかわらず、今も有効な基準値となっています。 これは、放射性核種ごとに、年間0.01mSvを超えないことを条件に決められており、セシウム-137では0.1 Bq/g(100 Bq/㎏)とされています。
 一方、8000Bq/㎏は、今回の災害で発生した廃棄物で、埋設処分とその後の管理が厳格に行われるものを対象にした基準で、がれき等の処理に従事する者の年間被ばく量が1 mSvを超えないように定められています。
 今回の宮城県からのがれき受入れ基準は、100 Bq/㎏とクリアランスレベルと同等の値としていますので、再利用もできるレベルのものです。

(3)について

 検査体制については次のようになっております。
●搬出側(宮城県)での確認方法
 ・災害廃棄物の放射性物質濃度(種類毎) 
 ロット毎に受入前1回、受入中は月1回
・災害廃棄物(ヤード)の空間線量率
 ロット毎に1時間に1回
・災害廃棄物の遮蔽線量率
 ロット毎に1日に1回
・搬出時、積込み後コンテナ等の空間線量率
 搬出時毎、コンテナまたは車両毎

●受入側(笠間市)での確認方法
・搬入時、積込み後コンテナ等の空間線量率
 搬出時毎、コンテナ又は車両毎
・敷地境界、処理後保管場の空間線量率
 受入前1回、受入中は1日1回(埋立処分)
 受入前1回、受入中は1日2回(焼却処理)
・排ガス、飛灰、溶融スラグ等の放射性物質濃度
 月1回
・埋立前状態での放射性物質濃度
 月1回
・放流水、周辺地下水の放射性物質濃度
 月1回

検査体制の安全性について、笠間市の原子力アドバイザーの見解を次に記載します。

【笠間市原子力アドバイザーの見解】
 石巻近辺の福島原発事故による放射能汚染状況は、笠間市の汚染状況より低く、プルトニウムやストロンチウムの濃度は、茨城県においても、不検出かあるいは、極微量で、プルトニウムについては、原水爆実験の残存物であろうと推定されるレベルであることから、100 Bq/㎏以下が確認されれば、これらの核種は心配する必要はないと考えられます。

(4)について

内部被ばくの危険性について、笠間市の原子力アドバイザーの見解を記載します。

【笠間市原子力アドバイザーの見解】
 内部被ばくは、呼吸や放射能汚染物の経口摂取での体内への放射性物質の取り込みで生じますので、がれきの焼却等処理時の煙、埋設中の地下水への漏えい等がその原因となりますが、もともと放射能的に再利用可能なレベルの廃棄物を受入れるのでエコフロンティアかさまでの通常のばい煙対策、漏えい対策で十分な安全性は確保できると考えられます。

 バグフィルターでの放射性セシウム除去についての考え方は次のようになります。

【バグフィルターの構造とセシウム除去の原理】
 国の「災害廃棄物安全評価検討会」では、バグフィルターによるセシウム除去について、焼却炉内で高温焼却下(800℃)で気化した放射性セシウムは、バグフィルターの入口で冷やされて主に塩化セシウムとして固体状態になり、ばいじんに凝集したり吸着し、バグフィルターでほぼ完全に除去、捕集されるとしています。

【バグフィルターでの除去率について】
 国は、「災害廃棄物の広域処理の推進について(ガイドライン)」の中で、放射性物質を含む廃棄物の焼却処理における排ガスの安全性について、福島県内の焼却施設で行った実証実験で、バグフィルターにより99.99%の放射性セシウムが除去されることを確認したとしています。

【実証試験結果】
測定位置/Cs-134(Bq/m3)/Cs-137(Bq/m3)/Cs合計(Bq/m3)の順
バグフィルター入口 /78/96/174
煙突/0.008以下/0.007/0.015
除去率(%)/99.99(Cs-134とCs-137合計の値)
備考:Cs-134は検出下限値未満であるため、検出下限値を用いてCs合計及び除去率を算定

施設名:福島県 あらかわクリーンセンター
採取日:平成23年10月26,27日
飛灰:Cs-134=23,600 Bq/㎏ Cs-137=29,600 Bq/㎏
   計=53,200 Bq/㎏

(5)について

アスベスト、クロム、ヒ素などの有害物質については、広域受入れに関係なく検査しており、国で設けている環境基準より厳しい値を施設の基準としております。宮城県からの災害廃棄物については、検査の結果、不検出もしくは極微量の検出となっており、問題ありません。

以上のような回答となりますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

**********
Img_528e4f638db2a94bf1651c9a7b1dc0f9c9f8ddd8
Img_f1a627c9248b768e7da099d2346e5c55853366e1
今週末は益子市♪
メイドイン益子の青空市場へGO!
サイトはこちら⇒ (Click!) 

クラフトあり、フードあり、
ワークショップもライブも盛り沢山~!
私は、純粋に「お客さん」として参加予定。
陶器市では、トイレ休憩にチラ見することしか出来ないから、
これは特別な機会。ワクワク♡

30日には「益子音頭」なるものも踊るらしい。
「5年も益子に住んでいたのに、知らんわ~」と
益子生まれの友達にぼやいていたら、
彼女はちゃんと知っていた。さすがです。

映像翻訳の学校も終わり、
只今、11月1日~5日まで開催の益子陶器市に向けて制作中。
今回は、次こそは次こそは!と言いながら、
おい、いつだよ~!!(怒)と自分にツッコミを入れていた
手びねり急須に初挑戦!
全体が完成したら、画像アップします♪

あと、1ヶ月ちょいか・・。あっという間だなあ。
来月に入ったら詳細告知しますので、
こちらもお楽しみに!
昨夜、「明日満月だから、生まれてくる確率高いよね?」
「うん、潮の満ち引きとか、台風の気圧とかも影響あるみたいだし」
と話していたら、な、なんとー!!
中秋の名月の今日、
親友家族のもとへ、新たな命が舞い降りてきた。

ああ~。何て言ったらいいのか。
とってもとっても、うれしい。
おめでとう
ほんとうに、おめでとう

そして赤ちゃん、地球へようこそ♡

ちなみに私は訳あって、赤ちゃんのおじいちゃん(補)に任命され、
めでたく?「えつじい」となりました。感無量!!
昨夜、「明日満月だから、生まれてくる確率高いよね?」
「うん、潮の満ち引きとか、台風の気圧とかも影響あるみたいだし」
と話していたら、な、なんとー!!
中秋の名月の今日、
親友家族のもとへ、新たな命が舞い降りてきた。

ああ~。何て言ったらいいのか。
とってもとっても、うれしい。
おめでとう
ほんとうに、おめでとう

そして赤ちゃん、地球へようこそ♡

ちなみに私は訳あって、赤ちゃんのおじいちゃん(補)に任命され、
めでたく?「えつじい」となりました。感無量!!