文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
​今年も焼き物を営みながら、暮らしの中の小さな発見、工夫を楽しみ、共有し、広げていけるようなイベントを企画できたらと思っています。
皆さんにとっても素敵な一年になりますように。

さて、新年早々、朝日新聞に掲載されていた稲垣えみ子さんのコラムに痛く共感したのでご紹介。
全文は→ (Click!) 

以下、抜粋です。

  ある日、近所のおしゃれな雑貨店でこんな貼り紙を見たのです。
 「お買い物とは、どんな社会に一票を投じるかということ。」
ハッとしました。買い物=欲を満たす行為。ずっとそう思っていた。でも、確かにそれだけではありません。お金という対価を通じて、それを売る人、作る人を支持し、応援する行為でもある。ささやかな投票です。
 選挙は大事です。でも選挙以外のこと、すなわち、一人一人が何を買い、日々をどう暮らし、何を食べ、どんな仕事をし、だれに感謝を伝え……ということは、もっともっと大事ではないか。逆に言えば、そうしたベースを大切にし尽くして初めて、意味のある選挙が行われるのではないか。投票しさえすれば、誰かがよい社会、よい暮らしを実現してくれるわけじゃない。
(中略)
  そう思うと、買い物って実に爽やかで豊かな行為です。買ったモノを楽しんで使うだけでなく、買うことが自分にとって心地よい世の中を作ることにつながっていく。お金の持つ可能性が何倍にも広がり、生きることが楽しくなりました。自分を支えてくれる人が幸せになって初めて、自分も幸せになれることにも気づかされました。私はひとりではなかったのです。
今や消費者というより、好きな働き手を支える投資家の気分です。日々闘いです。

(引用終わり)

 テレビ局勤務を辞めて、生活を根本的に見直そうと里山に移り住んでから、周りの人達の暮らしぶりに教わってきたことが沢山ある。

 まず、食べ物を自給できれば、そんなにお金がなくても、どうにかやっていける。当たり前のことだけど、当時はものすごい自由が開けたような気持ちになった。文字通り、自分の血となり肉となる食物が、どんなふうに育ち、実を結ぶのか、実際に体験してみると、本当に面白くて、食べること自体もとても楽しくなった。
 周りはモノづくりをしながら、細々と暮らしている人たちばかりで、もともと作るのが好きというのもあるけれど、貧乏暮しなもんだから、できることは何でも自分でやってしまう。家も修理するし、作業場も自分で作ったり。私も、大工さんと2人で一緒に作業場を作らせて貰って、あー家ってこんな風にできてるのか~と、目から鱗だった。

 日々の生活を手作りすることが、生きる力になっていくこと。震災のときも、痛感させられたことだ。私のお隣さんは、姉が福島で営んでいた暮らしと同様、自然農で野菜を作りながら、薪ストーブで暖を取り、昔ながらの黒電話を使っていて、地震の直後に訪れたら何の不自由もなく生活を続けていた。
 みんながみんな、そういう暮らしを選択するわけではないけれど、環境の変化や経済から、ある程度独立した暮らしを営む可能性があるということ、こういう選択肢もあるということだけでも、気が楽になる、そんな人たちもいるのではないかと思う。
 前述のコラムでの消費活動に関しても同じ。買うという行為が、誰かを応援し、社会をつくる創造的な行為でもある。そのことを知ったとき、とても豊かな気持ちになれた。

 年始に観た「戦後70年」ニッポンの肖像で、タモリさんが、これまでの資本主義とは違う新たな道を探る必要性に言及していたけれど、ほんとそうだなあと思う。これからも小さな生活革命を積み重ねていきたい。
ちなみにその番組でのコメントについては、こちらにまとめが。見応えのある放送だった。⇒ (Click!) 
あの映像は合成だという意見もあるし、人道支援をされていたアメリカ人の方の映像を見た時、出血もなく、すぐに映像が切り替わり、すごい違和感を感じたのは事実。
何が本当なんだろうか…。よく分からない。無事であってほしい。
ただ、これからますます国内テロの脅威が増すことだけは確かだと思う。無防備な日本には、なすすべなし。「積極的的平和主義」がもたらすものは、その言葉とは正反対のもののように感じる。

ちなみに、昨日友達と、あの名称はイスラムすべてが悪という印象を与えるから、やめてほしいと話していた。ほんと良くないな、と思う。
こんな記事も→緊急提言:マスメディアは「イスラム国」という呼び方を即刻変更せよ!(新井克弥) - BLOGOS(ブロゴス)  (Click!) 

そして、とても良い記事がネット上に。これは多くの方に届いて欲しい。→わたしはシャルリじゃない。 (Click!) 

この世のなかに一括りにできるものなんて、何一つない。だからこそ豊かなんだと思う。平和って、そういう意味なんじゃないかな…。

同時に改めて、良い中学高校時代を送らせてもらったなあと思う。カソリックのインターナショナルスクールで、色んな人種の色んな信仰の持ち主がいて、それぞれの慣習を大事にしていた。ラマダンの時、ダイエットがてら、ムスリムでもないのに一緒に断食した女子が沢山いたのには笑ってしまったけど。

テロ行為は、許されるものではない。けれど、何故ISILが台頭したのか、その背景を理解しなければ、戦いの連鎖は終わらないと思う。
弁護士の伊藤和子さんが書いた記事に心から共感する。
「いま、私たちができること。」
 (Click!) 
Img_0e383a8d8d8257875c95490d276b3aa1
Img_5076c88a36a479aa2c954b40aac97084
様々な価値観や人間模様を描く良質なドキュメンタリー映画を上映するイベントとして発足した「ドキュメンタリー映画会310」。
今回は、3.11から4年を機に、震災にまつわる映画を中心に、本会上映作品と関連上映作品、合わせて8本をお届けします。多様な映像作家が切り取った「あの日とその後」が映し出す現実や、投げかける問いをみなさんと一緒に共有できれば幸いです。是非お誘いあわせのうえ、お越しください!!!

【映画会310上映作品】

2月28日(土)
『こどもこそミライ―まだ見ぬ保育の世界―』監督:筒井勝彦
公式サイト: (Click!)  (2013年/84分)
横浜の「りんごの木」、山梨の「森のようちえんピッコロ」、大阪の「保育所聖愛園」の実践に映し出される新たな保育の世界とは。すべてのおとなに贈る、笑いあり涙ありの子どもドキュメンタリー。

『A2-B-C』監督:イアン・トーマス・アッシュ
公式サイト: (Click!)  (2013年/71分)
いま、子どもたちに何が起きているのか?東京在住のアメリカ人監督、イアン・アッシュが、原発事故の11日後から福島に赴き撮影を開始。現地の母親と子どもたちを中心に取材し、甲状腺検査の実態などを追った渾身作。

<会場>
茨城県水戸生涯学習センター大講座室 各回150名
住所:〒310-0011 水戸市三の丸1-5-38 3F
Tel:029-228-1313

<上映スケジュール>
① こども 10:30~12:00(託児あり)
② A2-B-C 13:30~14:45(託児あり)
③ こども 15:00~16:30(託児あり)
④ A2-B-C 17:30~18:45
⑤ こども 19:00~20:30

3月13日(金)
『先祖になる』監督:池谷薫
公式サイト: (Click!) (2012年/118分)
その人は森で木を刈り、自分の家を建て直した。
主人公は、岩手県陸前高田市で農林業を営む77歳の「ガンコ親父」佐藤直志。大津波で家を壊され、消防団員の長男は波にのまれ、生きがいを失った彼が選んだ道とは?土地に根ざし、土地に生きる人々の行く末をおもう彼の強さと優しさは、少しずつ周囲を動かし、生きることの本質を問いかけていく。

『ASAHIZA 人間はどこへ行く』監督:藤井光
公式サイト: (Click!)  (2013年/74分)
福島県南相馬市の古い映画館「朝日座」をめぐる人々の記憶を辿り、その映像が舞台となった朝日座で上映されるまでを描いたドキュメンタリー。「非日常であろうと日常を生きる「普通の人々を描かねばならない」。現地の市民と共に撮影に取り組んだ監督のアフタートークも。

<会場>
県民文化センター 小ホール 各回450名
住所:〒310-0851 水戸市千波町697
Tel:029-241-1166

<上映スケジュール>
① 先祖になる 10:00~12:00
② ASAHIZA  13:00~15:00(監督トーク)
③ 先祖になる 15:30~17:30
④ ASAHIZA  19:00~21:00(監督トーク)

<4作品の料金>
前売り 共通回数券(4枚綴)¥3000 
1作品 前売り:一般 ¥1000 学生 ¥500 当日:一般 ¥1500 学生 ¥800
※ 共通回数券は、お一人様で4作品、ご家族でそれぞれ1作品ずつ等、ご自由にお使い頂けます。

★プレイガイド
京成百貨店、茨城県民文化センター、ひたちなか文化会館、茨城大学生協、まちなか情報交流センター

<お問い合わせ先>
「ドキュメンタリー映画会310」実行委員会
小峯:090-4052-8070
寺門:090-3904-4806

【関連上映作品】

注※ 関連上映作品は別料金設定となっております。お問い合わせは、各イベントの担当者にお願いいたします。

3月8日(日)
『カンタ ! ティモール』監督:広田奈津子
公式サイト: (Click!)  (2010年/110分)
「そして、そこには歌があった」
ひとつの歌から始まった運命の旅。その歌に秘められた本当の意味とは?日本が深く関わりながら、ほとんど報道されることのなかった東ティモールの悲劇と、それを生き抜いた人々の姿を取り上げた国内初の長編作。

『スーパーローカルヒーロー』監督:田中トシノリ
公式サイト: (Click!) (2014年/91分)
広島県尾道市で風変りなCDショップ「れいこう堂」を営むおじさん「ノブエさん」。「動かなければ何も伝わらない」。店はほったらかしで西へ東へ。子ども達のため、音楽のため、目の前の大切なコトのために。彼の巻き起こす渦に、ミュージシャン、尾道市民、移住者らはどう反応し、動き始めたのか。

<会場>
MINERVA 各回50名
住所:〒310-0015 水戸市宮町2-3-38 Hotel水戸シルバーイン2F
Tel:029-226-8688

<上映スケジュール>
① カンタ! 13:00~15:00
② スーパー 15:30~17:10
③ カンタ! 17:40~19:40
④ スーパー 20:10~21:50

<料金>
1作品:¥1300(1ドリンク込み)
2作品:¥2000(1ドリンク込み)
事前予約:メールのみ mito_minerva@yahoo.co.jp

3月11日(水)
『東北ライブハウス大作戦ドキュメンタリームービー』 監督:木村真生、番場秀一
公式サイト: (Click!)  (2012年/93分)
音楽の力を信じる仲間たちとともに、津波被害を受けた宮古、大船渡、石巻の3地域にライブハウスを作るプロジェクト「東北ライブハウス大作戦」。不可能と思われていたこのプロジェクトが、人と人をつなぎ、小さな一歩が 大きな一歩として歩み出していく姿を追ったドキュメンタリー。上映後のトークもお楽しみに!

<会場>
水戸ライトハウス 定員50名
住所:〒310-0021 水戸市南町3-3-28
Tel:029-224-7622

<上映スケジュール>
開場:18:00
上映:18:30~20:10
トーク:20:20~20:40 ライトハウス稲葉氏ほか地元バンド

<料金>
投げ銭+1ドリンク¥500 ※鑑賞料の投げ銭は「東北ライブハウス大作戦」に寄付されます。
事前予約:メールのみ 310cinema@gmail.com

3月14日(土)
『フタバから遠く離れて第二部』無料上映会 監督:舩橋淳
公式サイト: (Click!) 
原発事故の影響で、埼玉県の旧騎西高校へ全町避難した双葉町の住民たちの避難生活を描いた前作に続く第二弾。その後の約3年間を丹念に追ったドキュメンタリー。舩橋監督と伊藤教授とのトークも必聴です。

会場:茨城大学 人文学部10番教室 先着280名
住所:〒310-0056 水戸市文京2-1-1
※駐車場に限りがありますので、公共の交通機関をご利用下さい。

<上映&監督トーク>
開場:12:30 上映:13:00~15:00
トーク:15:10~16:00 舩橋監督×伊藤哲司(茨城大学人文学部教授)ほか
料金:無料 
★事前予約はありません。当日会場にお越しください。