文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
Img_4dcf9d0d091716051c38a3c35201567c
Img_f793253f04276cdf2a365d87841eca15
Img_49e971aa14426e9cfc6f6e5961529a39
想田さんのドキュメンタリー「PEACE」上映会&講演会「世界を『観察』する方法」が、2週間後に迫ってきた。思えば、私が想田さんに直接会うきっかけとなったのが、2012年に栃木市で開催された「PEACE」の上映会。震災後に想田さんのブログや記事を読んで大きな影響を受け、「この方には必ず会わねばならぬ~~!!」と勝手に決め込んでいた私は、風邪をひいていたにも関わらず、栃木まで足を運んだのだった。

そして、当時、想田さんについて、こんな文章を書いた。
「私たちは、皆、日々の暮らしの中で、色んな景色や人と出逢い、現実を切り取り、編集している。でも、実際には、そうやって切り取った現実は、一つの解釈でしかない。そして、自分が感じたことをすべて意識できているかといったら、そうではない。
この世界、人、そして自分自身のことも、いかに「分かった」と思い込まずに、観察し続けることができるか。固定観念をできるだけ持たずに、発見し続けていられるか。
簡単なことではないのだけれど、本来、「信頼」って、こういうことなんだろうな、と思う。
想田さんの映画を観る度に感じるのは、この世界と出逢うこと、その中で変わり続けることへの圧倒的な渇望というか、愛情のようなもの。
そんな気持ちを私も持ち続けていたい。」

PEACEには「平和」を声高に叫ぶようなシーンは一切ない。淡々と日常を映し出していて、あったかい。
それでも、ふとした会話や場面に、自分の中にある「壁」や「偏見」、潜在意識に眠ってる小さな声に気付かせてくれるー後からじわじわと心に迫ってくる不思議な作品だと思う。
「平和」って、どことなく大きすぎてつかみどころのない言葉をかみ砕いて、目に見える暮らしの営みに落とし込んでくれる映画でもある。ああ、結局、ここ、なんだな、って。
そして何より、観た後に誰かと語り合いたくなる・・のだ。当日、どんな場が生まれるのか、分からないけれど、是非その一員になってほしいと思う。個人的にはツイッターのキレッキレの想田さんと生想田さんのギャップも見どころ、かな?笑
当日は、以前に投稿した書籍の他、想田さんの最新作「牡蠣工場」の前売り券(牡蠣の形をしたハガキ付き!!)の販売、予告編上映もあります。どうぞお楽しみに♪
PEACE上映会&想田さんの講演会FBページは: (Click!) 

写真は、2013年「選挙2」の上映会にて、「撮られたら撮りかえす!」の想田さん。