文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
あれから6年。
放送された久米さんのラジオ番組で、ゲストの奥野修司さんのお話が、とても心に響いた。

年を重ねるごとに、色んなことの境目が曖昧になり、的確なことばが見つからなくなる。
ことばにしなくてもいい、と感じることも増えた。
聴きながら、夢で逢えない人と再会し、眠り続けたことを思い出した。

【久米宏 ラジオなんですけど】
タイムフリーやラジオクラウドで後追い視聴もできる)
 (Click!) 
3月11日の「今週のスポットライト」
ゲストは、ノンフィクション作家の奥野修司さん。
東日本大震災の被災地で、遺族などから聞き取った不思議な体験をまとめた本『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』(新潮社)を出したばかり。

久米さんのインタビューを聴きながらよく思うのは、過度に寄り添わないけれど、突き放すのでもない、適度な距離感がとても心地いいこと。
どこか飄々とした不思議な安心感がある。

この日に誕生日を迎えた人、生まれた命にも想いを馳せる、ほんとうにいい放送だった。
Img_2de976a691c0e67bc2a4ab3d522544d8
今年に入って、雑誌「TURNS」の取材で、ある女性に出会った。

つくば在住の兼子美由起さん。
絵のなかから出てきたかのような、
スッとしていて、どんな景色にも、どんな背景にも、馴染んでしまいそうでいて、
くっきりとした輪郭を放つような、不思議な存在感のある人だった。

作陶をはじめたきっかけは、ある先生との出会い。
「つまらないように見えることに心血を注ぐことは尊く神聖で、工芸や芸術を越えて、一生をかける価値がある」。
先生に教わったことを、こう話してくれた。

陶芸の技術はほぼ独学。
大好きなイタリア人画家、モランディが生涯描き続けた題材の“瓶”を、どうしても作りたくて、
誰に教わるわけでも、誰に見せるわけでもなく、
ひたすら絵をなぞるように試行錯誤を重ねて3年。
瓶だらけになった住まいを眺めて、
「これを続けるためには売らないといけないんだ」と気づいたそう。
展示販売をはじめてからは、「瓶を見てもらうためにも・・」と、食器も作りはじめた。

作業場に並んだ瓶たちは、兼子さんにどこか似ていて、
ずっとずっと昔から、そこにあったかのような佇まいが印象的だった。

なんの用途もなく、目的すらないものを、ただただ作りたくて、ひっそりと作り続けている。
そんな人がいて、そんな時間がある。

余談。

小学3年生の頃の、ある日。
兼子さんは、みんなで同じランドセルを背負っていることに、きゅーっとなり、
あまりに辛かったので、帰り道にランドセルを壊してしまった。
ご両親は、「仕方ないなあ~」という感じで、
それから卒業まで、ひとりだけ手提げ鞄で通うことを許された。

6年間、踏んでも蹴られても壊れないよう、頑丈につくられているランドセル。
それを9歳の少女が壊したのかあ・・。
いまでもふとした瞬間に、小さな兼子さんの映像が、脳裏に浮かぶ。
けれど、この“事件”のことは、「怖い人だと思われそう」なので、原稿には盛りこまないと約束した。

兼子さんは古本が大好きで、あちこちで出会った古い本をこつこつ集め、
いまでは毎週木曜日に作業場を開け放し、古書店を営んでいる。
「古本屋の良さは、好きなものも嫌いなものも、見たいものも見たくないものも、平等にあること」
選書の基準は、どこか「とんがりの感じられる本」だそう。
どの本を手にとっても「あ、それはね・・」と言葉を添えてくれる。
ふらっと立ち寄れば、きっと素敵な一冊に出逢える。
HP→ (Click!) 

特集記事が掲載された号は、2月20日に発売されたようで、現時点では最新版。
表紙が、矢野津々美さん撮影の兼子さん。
機会があれば手に取ってみてください。