文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
きのうは小さな粉雪が舞い降りるなかひとりで一輪挿しを制作した。
気持ちが柔らかいままにすーっと深いところに凝縮されていくような静かな時間。
一輪挿しは小さくてまんまるい。
道端に咲いている花や草を摘んで入れるだけで、部屋の片隅がほんのり明るくなる。
だから自分でも気に入っている。
 
前日、車中でかけていた上原ひろみさんのアルバムの曲を思い出していた。
いつもは注意深く飛ばしている7曲目のFirefly。
ぼんやりしている隙に最初のかすかな音が流れてきてしまったのだ。
あ、と思ったけれど、気まぐれに音に身をゆだねた。
あの人との最期の日々に聴いていた曲
 
彼のかすかな息遣いと重なるように響く音。
病院と家を往復する時間
曲が終わりそうになると、CDデッキに手を伸ばして最初の音から繰り返しかけた。
途端に当時の身体とすっぽり入れ替わる。
その身体に心がついていかなくなりそうだから・・とずっと思っていたのに
 
雪のなかに立つ感覚は何かに似ている。
蛍や月の光を見上げるとき、一瞬にして連れていかれる場所に通じているのかもしれない。
息をしなくてもずっと生きていられるような
昨夜寝る前に目に留まって何気なく聴いた曲。こんなところにも通じていたのか

原田郁子(clammbon) & 青葉市子 & さや(テニスコーツ)
「青い闇をまっさかさまにおちてゆく流れ星を知っている」
 (Click!)  
   
目もくらむほど 息もとまるほど 
ああ 自由だよ
あなたに出逢えて変わったの 
不思議なくらい いま自由だよ 
命が燃える音を聴いたの
 
部屋のなかで吐く息が白い。もう一曲聴いてから今日をおしまいにしようと思って曲を探す。
これも偶然なのかな。
さやさんの言葉のあと「月がどうのこうのとか言い出す人怖いし」。
2人のやりとりはいつも素敵だ
テニスコーツ「月の音」 (Click!) 
  
曲が終わって目を閉じたけど、身体のどこかかすかな場所がずっと起きていて、そのまま朝が来た。
ぽかぽか。
時折風が吹いて粉雪が舞う
Img_8c0bc278a4829ca709336eef8c693744
幼い頃は関西で迎えていたお正月。今は関東でも、やはり新年は白味噌のお雑煮で。明けて早々に風邪をもらってしまったけれど、初詣でひいたおみくじは大吉でありました。
 
年々、あらゆる物事の境目は曖昧になり、何が吉で何が凶に転ぶのか分かりませんが、これが歳を重ねていく醍醐味なのかな。今年はどんな毎日が待ち受けているんだろう
 
そういえば、気まぐれに一枚購入した宝くじで、300万…
じゃなかった300円当たった。
地道に行けってことだな、と妙に納得。

初仕事は、有機農業やバイオガス技術の第一人者として知られる農家さんたちの取材で、鼻をかみつつリサーチ中。どんなお話が聞けるのか、今からとても楽しみです。

生かされてある日常、ご縁と喜怒哀楽に感謝しつつ…
本年度もどうぞよろしくお願いいたします!
皆さんにとって味わい深い一年でありますように。
初っ端から皿を割った新米ウェイトレスと、余裕の笑みを浮かべるドンふみえ。益子町のアジアンカフェ、ゾーファンチィで初のお手伝い。楽しかった~~
 
益子で焼き物の修行をしていた頃からのご縁。当時、ふみちゃんは、最初のカフェのオープンに向けて、お店の改修作業をこつこつ進めてたなあ。
 
生サラダにあえてドレッシングをかけず、わ!こんな味がするんだ!と葉物の個性に気づかせてくれたり、他のおかずとの組み合わせを自由に楽しませてくれたり。
手の込んだ料理を丁寧に作りつつ、これが美味しい!と思うものを直球で届けている感じが、とても好きです。
お弁当もアジア各国の味が満載で美味しいですよ~!
 
ちなみに今後も不定期ですが、週末の手が足りないときに助っ人予定であります。
是非遊びにいらしておくんなましこ♡
Img_100b48f1935650e2578faa13debeb98a
Img_e6328b374533202bc5a18a6280424748
Img_96b6685291208622f3d65d0606d8cf71
ここ最近猪の来客が続き、とうとう今まで関心を示していなかった畑にも侵入。
先住民だから仕方ないが、夏を越すためにも食料だけは守らねばならぬ!と、農家のおっちゃんから聞いた技を実行に移してみた。
美容室から頂いた女性たちの髪を猪の鼻の位置に吊るす怨念術。
1週間経過。今のところ効果あり。
あれから6年。
放送された久米さんのラジオ番組で、ゲストの奥野修司さんのお話が、とても心に響いた。

年を重ねるごとに、色んなことの境目が曖昧になり、的確なことばが見つからなくなる。
ことばにしなくてもいい、と感じることも増えた。
聴きながら、夢で逢えない人と再会し、眠り続けたことを思い出した。

【久米宏 ラジオなんですけど】
タイムフリーやラジオクラウドで後追い視聴もできる)
 (Click!) 
3月11日の「今週のスポットライト」
ゲストは、ノンフィクション作家の奥野修司さん。
東日本大震災の被災地で、遺族などから聞き取った不思議な体験をまとめた本『魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く』(新潮社)を出したばかり。

久米さんのインタビューを聴きながらよく思うのは、過度に寄り添わないけれど、突き放すのでもない、適度な距離感がとても心地いいこと。
どこか飄々とした不思議な安心感がある。

この日に誕生日を迎えた人、生まれた命にも想いを馳せる、ほんとうにいい放送だった。
Img_b2813ebabd9b55b527c950ef08850aca
町の健康診断の結果が来た。貧血以外は異常なし。何故か年々じわじわと身長が伸びてる。まだまだ成長期だな。
歳を重ねる毎に、周りでも病を患う方が増えていて、健やかであることの奇跡を想う日々。
そこの忙しなく動いている君も!年に一度は必ず行ってね。
写真は、作業場の入り口がお気に入りのカマキリ。踏んでしまいそうだから、見つける度に庭に放ってるのに、必ず戻ってくる。
数日見かけず、とうとう諦めたかと思ったら、足場のブロックの中からコンニチハ~♪
Img_9ef77dbf90b0445eb8285606aee54d7b
Img_8465397f882b72f673caa1c49cc2fc14
Img_65b3d5e09fcad65a6175ad9bbc08a499
お盆休み、たまたま一緒のマンションに住んでいて、学年は違うけれど、同じ幼稚園と小学生に通い、家族ぐるみで仲良しだった友人達と、何十年かぶりに再会。

学校の帰り道、原っぱ、砂場やブランコ。
缶蹴りや鉄棒、地域の子どもコーラス、発明した色んな遊び。
幼い頃、一緒に目にした景色、吸い込んだ空気が鮮やかに蘇り、時空の境目にいるような感覚が続いたまま、福島へ。

2011年に生まれた大風呂敷。大きさも柄も、素材もバラバラの布たちが縫い合わさった空間。目にするたびに、こんな風景を紡いでいきたいと思う。
毎年少しずつ形を変え、続いているお祭り。帰れる時間。年々、県外・県内の顔見知りも増えて、再会しては踊り、「また来年!」と別れる。

ダンケシェーンのソフトクリーム、地元のお兄ちゃんたちとの陽気な時間。飯坂温泉。旅館のおばちゃんから頂いた桃。餃子会館の頑固おやじ。二層ラーメン。新たに見つけたお店。
やっぱり福島が、大好きです。

そして帰宅後、水戸で「標的の村」の上映会。
「闘い」というものから遠いところある、そんな暮らしを営んでいる人たちが、闘わざるを得ない理不尽さ。
地域の人たちが、「座り込みをする人たち」ではなく、そこで生活するひとりひとりとして描かれていて、観る前と後では世界が変わる。

終盤に、ゲート前の車中で歌い始める女性の声が忘れられない。
「音楽に政治を持ちこむな」って言葉がSNSに溢れた時があったけれど、あの歌を聴いたら、そんな意味づけは吹っ飛ぶんじゃないかな。

アフリカンダンサーの友人が、いつだったか、
「ギニアでは踊るのがdoじゃなくてbeなんだよね」と話してくれたことを思い出した。
暮らしのなかで生まれた喜怒哀楽が、そのまま音になる、踊りになる。福島の盆踊りも、きっとそうだから、毎年帰りたくなるのだと思う。

遠方から足を運んでくれたり、体調が悪いのに駆けつけてくれたり。
2週間の準備期間で、どうなるやら!?と心配していたけれど、たくさんのお客さんにご来場いただいて、上映後の会話も温かかったなあ。
高江の支援活動を続けている鈴木祥子は、親しい友人で、毎回トークの依頼をする度に「行くよ!」と即答してくれる。
今回は急な依頼だったのに、なんと滞在中の山梨から駆けつけてくれた。
彼女の行動力と、持続力、明るさとバイタリティには、いつも圧倒される。そして、会えばボケとツッコミで笑いが止まらなくなる。
根がアホなんだよなあ~。

幼馴染会も、盆踊りも、上映会も
変わらないもの、変わり続けるもの
関わり続けることで、見えてくるものだったり、
直接観る、聴く、話す、身体で感じることの大切さをじわーっと感じさせてくれる時間でありました。

感謝。
Img_9a1e97eaa9b7df8dd36e1aaad4edc24e
今日も五月晴れ。
山法師の花畑に風が吹き抜けてゆく
Img_e095f3b9a4ee20d7c8c2df9a2d7de9b5
大好きな新緑の季節の到来!しかし、それは雑草との闘いの始まり。草刈り第一弾…3時間やったけど、まだまだある。そしてエンドレスに秋まで続くのであった。
都会の友達に、スローライフとかロハスと言われると、田舎生活はサバイバルじゃ〜!とツッコみたくなる。
そして、近所のおばあちゃんが、田んぼのあぜ道をブンブン草刈りしている姿を見ると、手を合わせたくなる。
しかし肉体労働は、やっぱ良いな。野生に近くなる気がする。風が気持ちいい〜
と油断していたら初ブユ。とりあえず、しうんこ塗っとくか。。
Img_af6101b3fae8268f75c3a81a29b8c886
Img_e9dadffdea5bd1028c90bb057b6da71f
雪柳に雪ふりつむ
枝垂れ桃に雪ふりつむ