文字の大きさ :
| ホーム | うつわ | 自己紹介 | 取り扱い店 | メディア紹介 | リンク | お問い合わせ |
Img_d21129cf3ab379225377f1d7d9ad4887
大阪に向かうはずが、千代田線の電車の網棚に荷物を置き忘れ、ギャーΣ(゚д゚lll)
全速力で駅の事務局へ走り、荷物が見つかった二重橋前へ。
新幹線、間に合うんか!?
ギリギリや〜。ピーンチ!!!

…追記

親切な駅員さんに、間に合わないだろうと気の毒がられつつ、意地でも乗る!と、電車の選択肢は捨てて、二重橋前から東京駅まで猛ダッシュ。結果、3分前に滑り込みセーフ!ヤター!!
先に行って貰っていた母には呆れられつつも、お茶を差し出された。
マラソン選手か。笑

来年もこんな感じで行こう思います。
写真は、無事大阪に到着、早速食したお好み焼き。激うま〜!!
皆様、今年もお世話になりました。良いお年を!!
Img_9c87ad2b1dbd679ff08e1c9d575b49d9
Img_c0a5ae93719a89e4d7948e8cbf04a296
Img_ba4bfa10f29f35fb40ce8ae9c2034c69
新宿PITINN!!
アメリカで広がりつつある「目に見える暮らし」と、その可能性について取り上げた著書「ヒップな生活革命」を引っ提げ、トークツアーを終えたばかりの佐久間裕美子と何年ぶりかの再会。
嬉しくて嬉しくて、お前ら付き合いたてのカップルか!!っていうほど、ハグハグしまくってしまった。
9.11後、日本に帰国し里山生活を始めた私と、NYでライターとして発信し続けることを選んだ裕美ちゃん。
お互い紆余曲折がありつつも、彼女がアメリカで目にしてきたこと、掘り下げていることと、私が3.11後に改めて気づかされたことや、取り組んでいることが深いところで重なっていて、これは決して偶然ではない、と思う。
これから日本国内の「ヒップ」も取り上げていきたい、とのこと。
私の周りの素敵な仲間たちも是非紹介したい。
みんなで生活革命の輪を広げたい。

全然話したりなかったけど、裕美ちゃんの存在そのものが、とてつもなく幸せで。
身体の全細胞がぴちぴち覚醒する感じ。
しかも、共に敬愛する大友さんにご招待頂き(大友さんThank you so much!!)、食事後は、ビックバンドのライブを堪能しにPITINNへ!
あまりにすごすぎて、途中から座っていられなくなり、「立つ?」「うん!立つ!!」と最後方で立ち見。
それにしても音楽ってなんて大胆で暴力的で、圧倒的なまでに繊細で優しいんだろう。
裕美ちゃん共に、音に身を任せながら、あ~、こんな日が来るなんて、あの頃は想像してもいなかった、、としみじみ。
人生、生きてみないと分からないもんだな。
ちなみに裕美ちゃんは今晩(21日金)、東京FMのピーター・バラカン氏の番組に18:30~出演予定。
ラジコでも聴けます。ポッドキャストにもアップされているので、生で聴けなかった方は、こちらで是非→ (Click!) 
(本に関するインタビューは、こちら⇒ (Click!) 
Img_7b640037130e7ef5f881858859bbb13a
Img_740126986ede987ee688b3017a6bcd4e
Img_ab37460e58b119642e35b7aaad6faf96
2か月ぶりのブログ更新でございます。
花火のお仕事も無事終わり、いまとなっては夢のようで、あーほんとうに豊かな体験をさせて頂いたなあとしみじみ。詳しくはまた後日写真とともにアップします。

今回の写真は、大洗で人生初の打ち上げに参加したときのもの。
二尺玉、入った~!!の図。
直径60センチ、重さ80キロ、打ち上げに必要な火薬は5キロ。
3枚目に尺玉をお腹に抱えた野村社長が映り込んでる。ワハハ。

先日〆の仕事で、花火の撤収現場に行ったら、野村花火が大曲で総合優勝したとの朗報が。
我ながら気づくの遅すぎだけど、は~生で観たかったなあ。
土浦は必ず行こう!!
映像は優勝したのとは違うけれど、長岡恒例の天地人花火。
Youtube「野村工業の天地人花火」→ (Click!) 
このオーロラは。。
帰宅後に観て、あまりの興奮に寝つけず。生で観たら、気絶必至・・。

私は専門家ではないけれども、野村花火にはPoetryを感じる。
ものすごい迫力なのだけれど、とても、とても繊細な印象。
技術だけではない感性の世界。本当に素晴らしい。
何十年もの歴史、いくつもの工程を経て生まれた花火が、夜空に花開いて一瞬で散る。
大したお手伝いはできなかったけれど、少しでも関わらせてもらえて、幸せでした。

ちなみに、Youtubeの映像、解説者のベタな感想に、もっと何かないんかいとツッコミつつ、実は自分も同じ言葉しか浮かばなかった・・すまん。
学生の頃から、一度関わってみたいな~と思いつつ、縁がなかった短期の求人を、たまたま見つけて、陶芸休んでやってみたい、と応募してみた。
基本的に肉体労働もあって、男手を必要としているので、どうしても男性優先になってしまうのだけれども、それでも良ければ・・と面接をしてくれた。

山奥の雑木林に囲まれた静かな仕事場。一目見て気に入った。
面接して下さった社長の野村さんは、無口だけど味のある方で、
野村さんが退席された後、詳しい説明をしてくれた職人さんの子安さんも、魅力的な方だった。
全開の窓から、林を抜けて風が入ってくる。
なんだかよく分からないけど、いい予感がした。

俄然張り切って「チビだけど、肉体労働が好きだし、陶芸をしているから、腕力はあります。20キロの土ガンガン運べます!」と売り込みをしたら、笑われた。
その後、どのように今の生活にたどり着いたのか聞かれて、思いがけずイギリスや、テレビ時代の体験から、焼き物との出逢いまで、長話に。
実は、子安さんも、以前は全く違う仕事をしていた。長らく水戸芸術館で演劇を作っていたそうだ。その後、今の仕事に出逢い10年。
面白そうな方だなあと思い、彼が携わっていた演劇の話から、想田さんのドキュメンタリー「演劇」や平田オリザさん、何故その仕事をやめられたのか、など、気づいたら逆面接状態?になって終了。

その後、職場見学させてもらったら、同じものづくりだし、やっぱり楽しそう。流れている空気も、いい。
何より、そこにいるだけで、想像が膨らんだ。
最後に、未練がましく「確率的には、やっぱり厳しそうですか?」と聞いたら「うーん・・。低いと思って頂いていた方が良いかもしれません。

この後、何人か男性の面接を控えているので・・。来週の頭には連絡を入れますね。」と言われた。
もっと色んな話をしたかったのに、ほんと残念だなあ・・・とがっかりしつつ帰宅したら、電話が鳴った。
「小野さん、今回、お願いしても良いですか?」
「えっ、すっかり諦めてました!!大丈夫なんですか~私で!?」と聞いたら、何故か社長が気に入ってくれたらしい。
「焼き物で食べていけるの?」と聞かれたときに、「焼き物はギャンブルです!」と答えたのが良かったのかな。
「ただ、男手を必要としていることには変わりないので、その辺も覚悟して、働いて頂けたら」とのこと。合点承知致した!

というわけで、1ヶ月だけだけど、始まるぞ~。祭りの仕事♪

ちなみに、受かってから改めて、野村花火工業で検索してみたら、なんと、社長は、ずっと前に観た「プロフェッショナル仕事の流儀」の花火師、野村陽一さんであった。
(「NHK プロフェッショナル仕事の流儀」動画⇒ (Click!) 
Img_83f0af18e3c6efae940be6ed2d58602e
Img_9dbaeca7a08b32b451f91e1b38963233
ご近所の梅農家さんが、朝一で採れたての青梅を持ってきてくれた。
この瑞々しさ。見ているだけでうれしくなる。
早速真夏に向けて、クエン酸補給の準備!ということで、
梅ジュースの仕込み完了。
美味しくな~れ。
連続テレビ小説『ごちそうさん』
出征前の泰助の台詞。

「お母さんは一番大事なこと教えてくれたで。
生きてるいうことは、生かされてきとるということなんやて。
僕は、命の犠牲の上に成り立った命の塊なんやて。せやから僕の命は、擦り切れるまで使いたいて思てた。
僕、やりたいこといっぱいあるんや。
もういっぺん野球したいし、お酒とかも飲んでみたいし、くだらへんことで喧嘩して、
殴り合いの喧嘩とかもしてみたいし、お父さんみたいに自分を懸けて仕事をしてみたいし。
お母さんみたいに誰かをアホみたいに好きになってみたい。
僕は、僕にそれを許さんかったこの時代を絶対に許さへん。
僕は、この国を変えてやりたい。
せやから、這ってでも帰ってくるさかい、生き返らせてや。
あそこでまた皆でご飯食べさせてな。」

******

遠い昔ではなく、とても近い、自分の国の話。そして、今も世界中で戦争が起きているという現実。戦争というものが、どんなものなのか。それを体験していないからこそ、知る努力をしたいと思う。
食べ物だけじゃない、「命の犠牲」の上に、生かされてきたことを、受けとめられるように。
Img_2a0047ce4a35841510a2c02f59a85cd6
Img_9e53c442e7465d8a9c5a02ebaea96d75
数か月前に私の愛車のサイドミラーを糞だらけにした鏡好きの庭の住人、ジョー(ジョウビタキ雄)。
(その時のいきさつは過去ブログ→ (Click!) 
車は移動させてもらって、どこかに鏡でも吊るすかと思っていたら、一週間後には、ちゃんと代わりの場所を見つけていた。
それが、写真2枚目。作業場の薪ストーブの煙突。
ここの壁に付いている部分を鏡に見立てて、毎日つついて遊んでいる。
新年明けても、飽きることなく続けているので、その小さなコツコツという音を聞きながら、制作するのが私の日課となった。
何だか楽しい。
Img_ecee43f0f7d1db5a4667952a06d84db8
Img_6802a63d84b1ba440a872dcfdd283d78
実家の庭に、メジロのつがいが毎日来ている。
みかんが大好き。
近くによっても全然逃げない。

年始に岡山でもらった風邪が、しつこすぎて、1週間ダウン。
ようやく熱が下がり、咳だけになってきて、嬉しいのだけど、
話そうとすると、すぐに声がかれてしまうのがネック。
早くとんだり跳ねたりしたいんだけどなあ。
しばらくは、鳥との会話で我慢。
Img_a5bad2ff238235518f4ed3dc07f6eac2
大阪で迎えた美しい朝。
また一つ歳を重ねました。
これまで生きてこられた奇跡と、すべての出逢いに、感謝します。

目覚めと共に流れ出した大好きな曲。
二千花のエーデルワイス⇒ (Click!) 

今年も素敵な1年を育てていけますように。
皆さんの幸せを祈りつつ、合掌。
Img_436656953b4559388c1c340390249786
Img_ca79f1c2919dfec1c9f74b0a433a24aa
Img_cda33196451944c44aa19f6feb27ec5d
近頃、車に鳥の糞が沢山・・
それもミラーのところに集中してるなあ、と思いつつ、
毎日ふきふきしていたら、
ある日、外からしきりにパタパタッという音が。

そーっと覗いてみたら、犯人は、何と!!!
麗しきジョー♡♡(←八重の桜風)

中国あたりから毎年冬越しのために来てくれるジョウビタキ君。
小鳥が鏡好きなのは知っていたけど、野鳥も、同じなんだなあ。

サイドミラーの前に陣取れないものだから、
ボンネットの上、タイヤの上、時には地面から飛んで、
ミラーの前でパタパタしてから、ミラーの上へ着地。
しばらくずっと無邪気に遊んでおりました。

でも、あまりに糞の被害がひどいから、ごめん・・。
車は移動させてもらうよ・・( ;O;)